会社設立と銀行借入

会社設立と銀行借入について

みなさんは何か新しく自分で事業を行いたいと考えたことがありませんでしょうか。会社設立はそのように自分で自分なりの商売をして収入を得たいと考える方にとって、避けては通れない道です。

個人事業主として行うことができる規模の仕事は、会社を設立して従業員を雇い、安定した企業を作り上げていくことと比べると雲泥の差で、やはり自分で事業を行いたいという方にとっては会社設立は面白味があることといえるのではないでしょうか。

しかし、その会社設立のためにはある程度の資金が必要です。資本金という面で見れば、近年の法改正により1円から株式会社設立を行うことができるようになりました。

しかしながら、現実的に元手がない状態で会社設立を果たしたところで、運転資金も設備も人員もないわけですから、活動実態がない会社ということになってしまうでしょう。ですので、ある程度の資金を投じて会社を立ち上げる必要があるのです。

もっとも、個人でそれだけの大金を持っている方というのは少ないのではないでしょうか。資産家の方以外にはなかなか開業資金を自分でねん出するということは難しいので、銀行借入を行って開業のための資金を調達することになるでしょう。

銀行の窓口に相談に行くことで、さまざまな融資の形式を紹介してもらえるかもしれません。銀行借入にはいくつか種類がありますが、おそらく最初に紹介されるのは信用保証協会の制度を利用した融資であると思います。銀行が直接融資を行うには、今までの実績がありませんのでリスクが高いと判断されることが多いため、信用保証協会を通して銀行がリスクヘッジを行うのです。

無事開業資金を借りることができたのであれば、設備投資や人員の確保を行っていきましょう。製造業などの場合はかなり高額の設備投資、そしてそれを実際に運用する人の確保が必要になるため、かなり大がかりなものになるかもしれません。

しかし、安定した経営を行っていくためにはそこを削減してしまってはいけませんので、慎重に事を進めていくと良いのではないでしょうか。

設備は一度買えば後は動かすだけですが、それを動かす側の人は性格や能力などに差があります。誰でもよいと採用するのではなく、きちんと自分の目で確かめて採用を決定してください。

みなさんのパートナーとなる方ですので、馬が合わない方は避けたほうが無難でしょう。安定した利益を出すことができる会社を設立できるように願っています。

最新投稿

  • 会社設立をの注意点

    会社設立をする際の注意点 将来の起業を夢見て日々頑張っている人はきっと少なくないでしょう。 念願だった会社設立が目前に迫ったとき、初めての作業ばかりで戸惑うことが多いはずです。 企業を一から立ち上げるのですから、作業に想 …

    続きを読む...

  • 運転資金に注意

    会社設立の場合は運転資金に注意 株式会社会社設立は現在では、資本金1円から可能になったため、簡単に設立することが可能になりました。 だからと言って簡単に会社設立をしようと考えるのは早計です。その後の会社の健全な運営のため …

    続きを読む...

  • 法人用のクレジットカード

    会社設立後に持っておきたい法人用のクレジットカード 会社設立をした後に、知っておかないと損をするのが経費についてです。プライベート用のモノやサービスを購入するのではなく、会社の運営で必要となる出費に関しては、確定申告をす …

    続きを読む...

  • 最低資本金の知識

    会社設立のために必要な最低資本金の知識 会社設立のためにはさまざまな手続きが必要です。そして、それと同時に会社設立のためにはお金が必要です。 では、最低必要な資金というのはいくらくらいになるのでしょうか。実は以前は株式会 …

    続きを読む...